シンポジウムの概要

近年、科学技術が進歩していくにつれ、さまざまな分野で新しいユニークな製品が開発せれています。本シンポジウムでは、デザインとアートの関係性をテーマに、製品開発に必要なデザインと斬新的な世界観を作り出すアートの両側面についてご講演いただきます。また、パネルディスカッション等を通して、グローバル企業の役員や専門家同士の交流も期待しています。

基調講演は、マイクロプロセッサーのARM社を初めとする数々のハイテクベンチャー企業の設立・育成を支えてきた、Sir Dr. Herman Hauserに講演いただきます。また、日本企業のみならず、ヨーロッパ企業にも講演いただき、一日を通して、日本や海外のさまざまな産業の方々に近未来のデザインとアートのあり方について意見を交わしていただきます。

プログラム

タイムテーブル

講演者

キーノート講演:
Sir Dr. Hermann Houser
サー ハーマン ハウザー氏
英国ケンブリッジ発のベンチャー投資会社 アマデウス・キャピタル・パートナーズ社の共同設立者。 マイクロプロセッサーのARM社を初めとする数々のハイテク・ベンチャー企業の設立・育成を支えてきた。ベンチャーの創世期から、大きく育つ技術かどうかを見極める「目利き力」は確かなもので、20社以上のベンチャー企業を育てた実績を有する。
A Fellow of the Royal Society, the Institute of Physics, the Royal Society of Chemistry and of the Royal Academy of Engineering
Mr. Shiro Nakamura
CEO
Shiro Nakamura Design Associates Inc.
 
Mr. Peter Hohmann
Chief Designer
Hitachi Centre of Social Innovation, Europe
 Hitachi Europe Ltd.
Dr. Michael Leitner
Vice President and General Manager
ams AG, Austria
 
Mr. Georg Wagner
Managing Director
Spirit Design - Innovation and Brand
Dr. Hideo Hattori
@ SII Semiconductor Corporation
Mrs. Yuko Takano
Manager
Marketing Department of Business Developement Center Business Development & Research Division
TOPPAN PRINTING Co., Ltd.
Mr. Yasuhiro Harada
Division General Manager
Integrated Control System Development Division
Mazda Motor Company
Mr. Koichi Yoshino
Fundamental Technology Research Laboratory of Toppan Technical Research Institute
TOPPAN PRINTING Co., Ltd.
Harald Moser
Business Manager
Urban Media Development
Ars Electronica Linz
Prof. Ichiroh Kanaya
School of Information Systems
University of Nagasaki
Ms. Kiyo Hasegawa
@Artist Designer

前回開催の様子